千葉での家族葬の参列について

これは大切な方を家族だけでゆっくりと静かに見送る新しい葬儀の形で、千葉でもどんどん選択する人が増えています。
そういう形にしようと決めたのは、故人の生前の気持ちがほとんどで、本当に大切に考えてくれる家族だけに見送られたいという気持ちと、残ったものに負担をかけたくないという思いからです。遺族にとっても、故人が仕事を辞めて何年もたっていれば静かに家族だけで見送りたいという気持ちが重きを置くでしょう。
家族葬をすると決まった場合は、どこまでの人を呼ぶかということを明確にして、その内容を人に伝えなければなりません。そうしなければ後からトラブルが起きてしまいます。親族の誰まで呼ぶか、ごく親しいお友達は呼ぶのか、御香典は受け取るのかどうかということを明確にします。

千葉で家族葬をすると連絡が来たら、確かめること。

亡くなったのを伝えられたとしても、葬儀に参列してもよいのかどうかをはっきり知らなければなりません。葬儀会場や時間までが伝えられ、葬儀は内々で行うのでお呼びしませんという連絡が来たのではない場合は、駆けつけて参列すると良いでしょう。
御香典については辞退とはっきり言われている場合は要りませんが、会場で渡している人を見かけることもあるので、一応は準備しておく方がよいでしょう。きっぱりと、呼ばれない、受け取らないという連絡が来ている場合は、行くことは遠慮をして、可能ならば、お悔やみの電報をお送りしておくと良いでしょう。
また、後日ご遺族の方が落ち着かれたころにご連絡をするとよいかもしれません。ご遺族の気持ちにそうようにしてください。おうちに無理やり押しかけるのはやめておきましょう。

千葉で家族葬をすると決めたらはっきりさせること。

大切な身内が亡くなった後、故人の気持ちや残された家族の気持ちから、ごくごく内々でお見送りをしたいという気持ちが決まったならば、それを親戚やご近所の方に知らせなければなりません。行ってよいのかはっきりわからない状態であれば、周りの方も迷ってしまい、とりあえず行ってみようということになりますので、自分たちだけで葬儀をし、故人を見送りますというはっきりした気持ちを伝えてください。
また、親戚としてのつながりはなくても、とても親しかったお友達に来ていただくのは良いことですので、来ていただきたい方には連絡をすればよいのです。お呼びする方には日時場所をはっきり伝えましょう。また、御香典についても受け取るか受け取らないか決め、受け取らない場合はそれについても初めから伝えておきましょう。
おそらく個人がきちんと考えられていたことと思いますが、葬儀が無事終了した後に、故人のお付き合いのあった方々に無事に葬儀が終わったことや、仲良くしていただいたことに対するお礼をしたためてはがきなどを送っておきましょう。

一級葬祭ディレクターが当社は県内最多の在籍を誇ります。 地域のご依頼件数がNo1!皆様に選ばれ続けている当社を安心してご利用下さい。 ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 費用から様々なプランをご用意しておりますので皆様のライフスタイルに合ったご葬儀をお選び頂けます。 家族葬の相談会やセミナーも臨時で開催しております。詳細はHPをご覧下さい。家族葬を千葉でお探しの方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加