家族葬を行う時の千葉県の一般的相場

お葬式の費用は、葬儀そのものの費用と、お寺への費用、参列者へのお返しと飲食代金に分かれます。 2016年の日本消費者協会の葬儀に関するアンケートによりますと、葬儀費用が121万円、お寺への費用が47万円、参列者への飲食代が30万円です。この費用は、社葬から直葬火葬までの平均ですので、あくまでも一つの目安に過ぎません。 普通、葬儀社が家族葬のセット料金として、広告を出しているのは、葬儀そのものの費用です。家族葬とは、遺族とごく親しい人だけが集まり、小規模で行う葬儀のことで、出席者は、15人から50人くらいまでの葬儀のことをいいます。葬儀社のセットプランで見てゆきますと、千葉県での相場は約40万円から50万円です。実際の葬儀の費用は参列者への飲食代、お寺への費用が必要ですので、本当の出費は、もっと高額になります。

葬儀の基本費用と参列者数によって変わる費用

葬儀そのものを行う葬儀セットプランにおいても、その内容を詳しくみませんと、一つ一つの葬儀社の広告の費用は安いのか、高いのかは不明です。 各葬儀社によって、火葬料金(例えば、故人か、喪主が市民であれば、火葬料は1.5万円ですが、該当しなければ6万円必要です)が含まれている場合とそうでない場合がありますし、斎場も別途借りた場合は、その費用が別な場合があります。葬儀に必要な、祭壇、骨壷代、棺代などの費用の総計と考えてよいでしょう。 したがって葬儀社の「追加料金は必要ありません」と言う言葉は、「葬儀を行うに当たって最低の指定料金を支払えば葬儀はできます」という意味です。斎場がさみしいからといって、別途生花を追加したりすれば、当然その費用は上乗せされます。

実際に葬儀をする時にどの葬儀社にするかの注意点

千葉県は、日本全国平均の葬儀費用から見て特に高い地域でも安い地域でもありません。千葉県で、お葬式をする時にどの葬儀社を選ぶか決定するのは、家族葬のセットプランが安いところではなく、お葬式の見積もりの内容を詳しく説明してくれたり、想定外の追加費用の発生を予め教えてくれるところです。 特に、追加費用については、事前の葬儀担当者としっかりと確認をしておくことが必要です。そして一つ一つ遺族の目線で、親身に考えてくれる葬儀社を選びましょう。 葬儀社を決める前に、納得のゆくまでに比較検討をしましょう。そのためには、数社の葬儀社の資料を取り寄せたり、予め葬儀相談会に出席をしておくと納得した葬儀を行う事は必要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加