千葉で家族葬をする際の香典辞退について

一般的な葬儀では、幅広い参列者を呼ぶため大規模に行われますが、最近では身内だけの小規模で行われる家族葬と呼ばれるスタイルの葬儀が千葉県でもよく選ばれています。葬儀に対する価値観の変化などがその理由だとされており、特に千葉県でも人口の密集している都市部で需要が高まっていると言われています。 そしてこのスタイルの葬儀は、参列者が少なかったり身内だけであることから、香典の受け取りをはじめから辞退するというケースが多く見られます。しかし一般的な葬儀では受け取ることが当たり前なので、実際には、どうやって辞退したらいいのかということが分からないという人も多いでしょう。 ですのでここでは、辞退することの意味や、辞退の伝え方などについて分かりやすく紹介します。

香典を辞退することの意味を知っておく

そもそも家族葬は、一般的な葬儀よりも規模が小さいため、その分葬儀費用が安く済むというメリットがあります。しかし、香典を辞退したり、または頂いたとしても参列者が少ないためその額も少なくなってしまうため、費用を軽減できないというデメリットもあります。 ですので、辞退することによって、費用負担が大きくなってしまう場合があるということもよく考慮しておく必要があるでしょう。具体的な金額としては、家族葬の場合は、総額で60万から120万円程度かかる(規模によって変わる)のが相場だと言われていますが、香典による収入が無い、または少ないため、その金額をほぼ全額負担しなければならないということになります。 ただし参列者の人数が少ないほど費用も少なくて済むため、できるだけ費用を抑えたい場合は人数を少なくするとよいと言えるでしょう。

辞退するときはどうやって伝えたらいいのか

香典を辞退する場合は、参列を予定している方に対して、あらかじめその旨を明確に伝えておく必要があります。 伝え方としては、訃報の連絡や、葬儀への参列を求めるための案内状において行うのが一般的です。そして伝える際は、辞退していただきたいという旨やその理由を書き添えることが重要になるでしょう。 さらに供物や供花等も辞退したいという場合は、そのことも一緒に書いておく必要があります。そして葬儀の受付においても、辞退する旨の看板を設置するのが一般的ですし、同時に受付を行うときに言葉で直接伝えると丁寧な対応ができると言えるでしょう。 また、辞退する旨を伝えても、どうしても受け取って欲しいという申し出があった場合については、一度お断りした後で受け取っておいたほうがよいと言えるでしょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加