千葉で家族葬を行なう際の挨拶について

家族葬とは、家族や親族、そして親しい知人や友人に限定して行われる、小規模な葬儀のことです。昨今、当葬儀形式を選択するケースも増えており、葬儀の新たな主流となりつつあります。 その背景には、現代の価値観に適していることがあり、高齢で交友関係が少なくなっている事情が考えられます。それ故、参列人数としては少人数にならざるを得ず、葬儀自体が小規模化しているわけです。 加えて、自身の葬儀に対する意識も変革しており、簡素な式を望む人が多くなっていることも挙げられます。その中でも、家族だけによる葬儀を望む人は半数以上を占めており、当形式が増加している理由が納得できます。 自分が亡くなった際には、気心の知れた家族や身内だけで見送ってほしいと考えるのと同時に、残された人に負担をかけたくないという愛情も含まれていると言えます。

葬儀の費用を抑えることができる

千葉で家族葬を行なうメリットとしては、先ず、葬儀にかかる費用を抑えられることが挙げられます。 葬儀にかける費用の全国平均は、約120万円前後と言われており、喪主側にとっては決して軽い負担とは言えません。それに対して、家族や友人等に限定した小規模葬儀であれば、大幅に費用が安くなるわけです。飲食費や返礼品費、そして接待費などが殆どかからないため、純粋な葬儀費用だけで済むことになります。一般的な葬儀においては、多数の参列者が訪れるため、それなりの配慮が必要になります。その為、慌ただしいものにならざるを得ず、故人とゆっくり別れをすることができません。それに対して、小規模なものであれば、家族で充分別れの時間をとることができ、納得のいく葬儀になるわけです。

葬儀を自由に行う事が出きるメリット

千葉で家族葬を行なうメリットとして、自由な葬儀を行えることも大きなポイントです。家族や親しい友人だけで行なうので、故人の趣味や趣向に合わせてプログラムや会場をアレンジすることが出来ます。それを大きな会場で大々的にやろうとすれば費用もかさみますが、小規模な場所であれば負担も少なくて済みます。小規模葬の場合、訃報を知らせる対象選定が肝心になります。親戚関係では、故人の兄弟関係に連絡するのが無難となります。また、年賀状などが残っていれば、登場頻度が高かったり、日頃話題にのぼっている友人に連絡するのが適切になります。参列者が多くなる場合には、一般葬を選ぶ方が良いこともあります。基準として、50名を超える場合は、一般葬にするほうが悔いが残らないと言えます。そして、小規模葬にした場合には、参列できなかった人に対して、その旨を告げる挨拶をすることが大事になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加