家族葬の千葉における弔問側への配慮のポイント

都市部では親族や親しい知人友人だけで行われる家族葬が増えていますが、千葉も例外ではありません。 しかし、親族だけの葬儀が一般的になっていると知識としては持っていても、実際に葬儀を行う時になると戸惑うことが多いのではないでしょうか。「葬儀の連絡はどうすればよいのか」「予期せぬ弔問客への対処法」など疑問点が多々あるはずです。 それは訃報を知った側も同様です。「弔問しなくてもよいのか」「弔電を送っても良いのか」「香典をどうするか」など迷うことも多いでしょう。対応を誤ると相手に不快な思いをさせてしまうことにもなりかねません。身内だけの葬儀とは言うものの周囲への配慮は欠かせません。 では、身内だけで葬儀を行う場合にはどんな点に気をつけて葬儀を行えば良いのでしょうか。

千葉で家族葬を行う場合の周囲への知らせ方

身内だけで静かに故人との最後の時間を過ごすための葬儀ですから、訃報を知らせる範囲を限定し、それ以外には知らせないのが原則です。 しかし、周囲に話していないにも関わらず、訃報が漏れ伝わってしまうこともあります。故人や親族が会社勤務であれば勤務先への連絡が必要となるでしょう。その時は「身内だけで葬儀を行うことになったこと」「弔問や香典はお断りすること」をしっかりと伝えることが大切です。 また、いつまでも亡くなったことを知らせないわけにはいきませんし、訃報を知らされなかったことを不快に思う関係者もいるかもしれません。 ですから、葬儀が終わった後は「身内のみで葬儀が行われたこと」「事後報告となってしまったことのお詫び」を記した挨拶状を送って、関係者に理解を得ることが必要です。

香典が送られてきたり弔問客があった時の対処法

葬儀は身内だけで行うことを伝えても、葬儀に訪れてしまう人もいます。その時は身内だけで行うからと頑なに断ってはいけません。気持ちをありがたく受け取り丁寧に対応することが大切です。 また、身内だけで葬儀を行って後日葬儀が終了したことを伝えると、自宅に弔問したいとの申し出があることは少なくありません。全てに対応できれば良いのですが、葬儀後は多忙になりがちで、多くなると対応しきれないこともあります。事前に申し出があった場合は丁重にお断りすることが大切です。ただし、どうしても訪れたいという方や突然訪れてきた方に対してはきちんと対応するようにしましょう。 葬儀の喪主になることはそう多くはありません。千葉の葬儀社なら家族葬についても熟知しているのでわからないことがあればなんでも相談するようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加